Blog

ブログ

2016.05.18

CallConnect の機能開発で注意していること

こんにちは、エンジニアの本間です。

今回は趣向を変えて、日々の CallConnect の機能開発において私が意識していること、私が CallConnect をどんなサービスにしていきたいと考えているのかを共有します。

基本となる2つの視点

まず初めに結論を申しますと、以下の2つを最重要視しています。

  • 普段使う機能でユーザーの手間を増やしていないか
  • 普段見るページをいかにシンプルにするか

それぞれの視点について私の実体験を元に理由を説明します。

普段使う機能でユーザーの手間を増やしていないか

CallConnect で普段使うところといえば、電話を受けて会話をし、通話を切断してメモを保存する。 という通話の流れです。

この流れは、CallConnect をリリースしてから一度も増やしたことはありません。電話で必要なことだけを考えて、手順を最小限に絞っています。

もしこの基本フローが変わったら、ぜひクレームを入れてください。私が基本フローに何かを機能を追加した時は、何か余程の理由があったからと考えていただいて結構です。それほどまで私は基本フローを変えようとは考えていません。

以下、そこまでこだわる私の実体験を共有します。


それはとある写真撮影のアプリを使っている時でした。私はその写真を撮って気軽に加工し、簡単に写真を閲覧できるそのシンプルさを大変気に入っていました。とりあえず写真を撮りたかったらこのアプリを開く アプリを使うときはそんな認識でいたのです。

ところがある日、そのアプリがいきなりログイン必須になり、ログインするとまずはタイムラインのようなものが表示されるようになったのです。きっと 開発者は Instegram のようなサービスを目指したのでしょうが、当時私は、写真を撮りたかったらこのアプリを開く という認識や期待を完全に裏切られた気持ちになりました。そのリリースに深く失望した私は、すぐさまそのアプリをアンインストールしました。

このような体験をした方は少なくはないのはないでしょうか。現状のアプリやサービスを使い続けているユーザーにとって、良い所を知っているからこそ使い続けているのです。その良さが消えた瞬間、そのアプリの愛着は一瞬で消えて無くなります。

私は CallConnect ユーザーの皆様に決して同じような思いはさせたくないと常日頃考えています。改めて書きます。普段 CallConnect を使っている部分で手間が増えた瞬間に、クレームを入れてください。

普段見るページをいかにシンプルにするか

普段見るページとは、ログインした瞬間に見える画面一覧や、よく見るページの断片のことです。これを本当に使いたい機能だけを最小限に表示するようにとどめています。

最近は CallConnect もそれなりに機能が増えてきて、今この問題に直面する時が多くあります。その際はメンバーとじっくり時間をかけて相談し、結論を出しています。

以下、そこまでこだわる私の実体験を共有します。


私はとあるニュースアプリが好きでした。横スライドするだけでカテゴリ毎の記事の概要がさらっと確認でき、オフラインでも気軽に読むことができます。私はそのアプリのハードユーザーでした。

しかし、ある日とんでもないリリースをそのアプリがしたのです。今まではニュースアプリとして記事のカテゴリが上にタブとしてあっただけなのに、下タブを更に追加し、ニュースとは関係ない項目をタブとして出すようになったのです。(ここまで書くとなんのアプリかわかるかもしれませんね..)

その瞬間の私の失望と言ったらとても大きいものでした。そのニュースアプリには「ニュースを手軽に読む」という強い信念を感じていたからです。だからこそ私はそのアプリが大好きだったのに、いきなりニュースアプリの範疇を超えた機能を開発してしまったのです。しかも、それが常に見える位置に存在している。これほど気分が悪くなる機能追加が他にあるのでしょうか。

“みんなが使うサービス”というのは大抵は成長しすぎて同様の問題をかかえます。 ログインした瞬間に、大量のメニューが存在して何をすればいいのかわからなくなるサービスばかりです。私はそういうサービスがいいサービスだとは考えていません。例えば一部の人から”この機能が足りない”と言われようとも、それはその一部の人だけが足りないのであって、他の大部分はそんな機能を必要としていないことが大半なのです。全部の人の要望を聞いていると、次第にその他大勢のよくあるサービスになってしまいます。そこにサービスの思いや信念などは伝わってきません。

私は、 私たちサービス提供者の思いが伝わるサービス を作り続けていきたいと考えています。

ではどんな機能開発を好むか

私が好む機能開発は、ユーザーの手間をかけないでより楽に・確実に使える部分です。

例えば電話の根幹である音質の改善や、繋がりやすさ、動作の安定性はこれからも続けてまいります。また、ユーザーのクリックやキーボード入力をできる限り減らす機能などは好んで開発しています。

概していることは、普段使っている機能をより洗練させていきたい ということです。

終わりに

長々と書いてしまいましたが、これが私の CallConnect 開発において最重要視している項目です。

CallConnect が何でもできる多機能なサービスになってくれることを望んでいる方がいれば、それは他のサービスをご利用することをお勧めします。私たちは今の 5分で電話窓口を開設できる という手軽さ、使いやすさに共感していただけるユーザーの皆様に喜んで使っていただけるサービスを目指し、日々努力してまいりたいと思います。