Article

ブログ

2021/11/09

CallConnect iOS アプリ にかけた思い

こんにちは、エンジニアの本間です。

昨日、ついに CallConnect iOS アプリ をリリースしました!
1年かけて作り上げたアプリ開発の裏側について、記念にブログとして記します。

多くの要望により開発スタート

CallConnect はこれまで “ブラウザ電話システム” としてサービスを提供してきました。ビジネスにおける電話の課題を、ビジネスフォン を使わない ブラウザ(PC Google Chrome)電話 で解決してきました。

そんな中、この5年間で「スマホで発着信できないか?」という要望を多くいただきました。それでも、”ブラウザ電話” を心地よく使えるように、目の前の問題や課題の修正を最優先として取り組んできました。今では CallConnect 起因の不具合をほとんど抑えることができています。アプリ提供の要望を何度も受けつつ、 ブラウザ電話の最適化を優先して取り組んできた結果となります。

そして PC 電話の開発が落ち着いてきた段階で、ついに決断をしました。

「PC 電話で問題なく使えるようになった今、iOS アプリの開発にチャレンジしよう」

およそ1年前のことです。当時、私の iOS 開発経験がほとんどない中で、どう開発していくか迷いました。アプリ開発専任のエンジニアを採用するのが一般的かもしれませんが、電話技術に精通した “私” が全ての責任を持って iOS アプリを開発することに決めました。なぜなら、電話技術は電話の根本からの理解が必要で、特殊な実装が必要だからです。電話技術に精通した私が iOS 開発を理解するほうが、品質の良いものが早く出来上がると考えました。

iPhone を用意するところから始め、iOS 開発の基礎から応用まで本をひたすら読みました。PC での開発経験も活き、思っていたより違和感なく開発をスタートさせることができました。

時間をかけた開発

現在、お陰様で多くのお客様に CallConnect を利用いただいております。そこでは、”開発” 以外にも必要なタスクがどんどんと増えてきます。これらのタスクは、iOS アプリ開発よりも優先で、 今対応しなければならないものです。

お客様からの質問や要望以外にも、CallConnect の定期的な技術アップデートや、セキュリティを強化するための対応が必要になります。これらの対応を最優先として取り組んできたからこそ、iOS の開発は一時中断になることが多くありました。

それでも頭の片隅には必ず iOS アプリ開発と、その先にある “アプリリリースの日” があり、それを夢見て、開発してきました。

そして、9月ごろには大枠の iOS アプリ開発を終えることができました。しかし、その先の2ヶ月が最も大切な時期でした。弊社の強みである徹底したテストに全て通るよう “アプリ改善” を続けてきました。

「ひとまずアプリができあがったらリリースしよう。細かなバグとかはリリース後に修正していく流れで。」といった判断によって、リリース期限を最優先することもあるかもしれません。しかし、私たちはそうではなく、「イレギュラーケースまで考え、安心して提供できるクオリティになって初めてリリースする」ことにしています。

特に iOS アプリでは、アプリの “クラッシュ” がよく発生します。この問題の解決が特に難しく、クラッシュが発生したタイミングなどを見ながら原因を予測し、何度も実機によるテストが必要になりました。さらに電話アプリのテストとなると、毎回電話をして確認が必要です。その通話のたびに “通話料” が発生します。私たちは、それらを一切気にすることなく、テストによる品質確保を最優先にしてきました。結果、この2ヶ月のテストだけで 5,000件を超える通話を行いました。

品質にこだわった、 CallConnect iOS アプリをぜひお試しください。

開発は始まったばかり

紆余曲折を経て、ついに CallConnect iOS アプリを公開できました。しかし、これは始まりに過ぎません。これからはお客様からのフィードバックを元に、より良いアプリへの改善を続けていくことになります。

今後の開発は私だけではなく、”エンジニアチーム” として開発していきます。PC と iOS アプリの改善を続けた未来の CallConnect に、どうぞご期待ください。

引き続きよろしくお願いします!